テーマ:文族の春

シーズンオフの間に。

 以下、電網適応アイドレスの世界観を基にしておりますが、直接の繋がりはありません。文族の春に備えての、単なる習作です。  寒桜が綻びだした頃の、たけきの藩国。 「そう言えば最近、竹戸さんいないね?」  今年も鮮やかに咲き誇る桜を眺めていた藩国の面々が、ふっと気づく。最近、みんなで小笠原に行った時にも不在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佩刀(はかせ)について。

 大小、ともに無銘です。我が家は郷士の家で、歴史的な名刀を所持してはおりません。  大刀よりは脇差の方が、少し質の良いものです。  脇差は、大刀よりも常に腰にあるものでしたし、実戦では(平時の刃傷なら兎も角)大刀よりも小太刀の方が有利との説もありますし。  一尺七寸二分で、大脇差に分類される一尺八寸よりは僅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント74 文族の春 投稿ページ

たけきの藩国の平日  建国当初、たけきの藩国は男爵領だった。わんわん帝國においては、子爵は伯爵よりも上位である事からも明らかなように、じゃがいもに代表される農業生産が主要産業の、文字通り田舎の中小藩国だった。  穏やかな日々は、後の世の史家が「全員水泳大会事件」と名づけた事態により、激動の日々を迎える事となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more