平成21年5月4日、みどりの日。東京旅行【16】。

 かつては、江戸城の大手門でもあった為に「大手三の御門」と呼ばれる、二の丸下乗門。高麗門と櫓門を組み合わせた枡形門で、その櫓門は梁行5間、梁行24間とされる巨大な門でした。この場合、一間が6尺5寸で約196.95センチとされるので、1.8メートルの一間よりも大きい事になります。  整然と布積みされた石は、表面まで「はつり仕上げ」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年5月4日、みどりの日。東京旅行【15】。

 大手三の御門跡の枡形虎口内部に現存する、同心番所です。  最近、発売された『新版 名城を歩く <9> 江戸城』には、別名を「戸張番所」とも呼ぶ、と記載されています。  二月の更新ができなかったのは、この番所の建造された正確な年度や間取りなどの資料を探したものの、残念ながら発見できなかったからです。ご存じの方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more